ポールスミスファン

ポールスミスの歴史

1970年にポール・スミス(Paul Smith)が故郷、イギリスのノッティングガムでショップを開いたのがブランドの始まりです。
その当時はマーガレットハウエルやケンゾーを取り扱うセレクトショップとしてスタートしましたが、その後に自らデザインしたアイテムを扱い評判となる。
1976年にオリジナル・ブランドとしてポール・スミスのロゴが入ったシャツを販売し始め、その翌年にはパリコレクションに参加。

1977年、ポール・スミスブランドのシャツを製造していたアールニューボールド工場が不景気のため閉鎖されそうになり、ポール・スミスが工場を買い取りました。

このことが後にポール・スミスのカジュアルラインともいえる“アール・ニューボールド”コレクションをスタートさせるきかっけとなる。

1979年、ロンドン市内コベントガーデンにショップをオープン。
1982年、日本のジョイックス・コーポレーションと業務提携。
1984年青山、1987年にはニューヨークにショップがオープン。
1990年、従来よりも上の世代を狙った「ポール・スミス コレクション」スタート。

展開店も区別し、イタリアを中心にした素材と縫製、「フレンチ・アンピレ」様式と称されるネオ・クラシカルなショップインテリアなど上質なクラシカルスタイルを追求。

1991年、英国産業デザイナー賞を受賞。
1993 年、ジーンズブランドとして「ポール・スミス・ジーンズ」を発表。
1994年、カジュアルラインとして「アール・ニューボールド」を発表。
1994年春夏よりレディスライン、「ポール・スミスウィメン」を発表。
同年、エリザベス女王よりCBE勲章授与。

1995年、ロンドンのデザインミュージアムでポール・スミスの展覧会「Paul Smith True Brit」を開催。
これは後の1998年には日本の東京、神戸、福岡でも開催された。

1997年、イギリスのローバー社とのコラボレーションでミニをデザイン。
1998年、「GQマン・オブ・ジ・イアー」を受賞。
2000年7月、ロンドンとパリで香水「ポール・スミス パルファン」を発表。
2001年、デザインへの勲功によりエリザベス女王よりナイト爵位(Sir)を授与される。

2002年4月にイタリアで開催された家具のミラノ・サローネでCappellini社からモンド・コレクションが発表される。

2002年「ポール・スミス ウィメン」の路面旗艦店(フラッグシップショップ)を、2002年10月1日に南青山骨董通り沿いにオープン。